前へ
次へ

法律入門は行政書士資格の勉強からです。

法律を全く知らない人は行政書士の資格から勉強することをお勧めします。司法試験や司法書士試験は、あまりにもレベルが高すぎ、ある程度の法律知識がないと試験問題の意味すら理解できません。司法試験・司法書士試験対策の参考書は、ある程度の知識があることを前提に作られています。しかし、行政書士の参考書は法律が全く無知な方にも理解できるよう作られていますので、独学で試験に合格することも十分可能であると言えます。行政書士試験の出題範囲は憲法・行政法・民法などがありますが、これらの法律は公務員試験や宅建試験などにも出題されます。行政書士試験に受かるレベルであれば、これら試験の法律問題もクリアにすることが出来ます。

top用置換

top用置換2
Page Top